禁煙を成功させるコツ

代用品を使って無理なく禁煙を続ける

禁煙を始めてタバコを吸わなくなると、口寂しさを感じることがあります。人によってはタバコの代わりにガムを噛んだりや飴を舐めたりして口寂しさを紛らわすかもしれません。

ガムや飴でも気が紛れなければ、別の対策をとりましょう。禁煙ガムやニコチンパッチには、少量のニコチンが含まれています。少量のニコチンを摂ることで、禁煙によるイライラを緩和し、少しずつニコチンへの依存を減らしていけるのです。ニコチンの含まれていない電子タバコを代用品とするのも良いでしょう。

自分の意志だけでは禁煙が続かないという場合は、禁煙外来を受診し、処置を受けましょう。

喫煙を無理に我慢するとストレスがたまり、禁煙を続けるのが難しくなります。代用品や病院を利用し、無理のない禁煙をおこないましょう。

タバコをやめると食事の量が増えやすい

「タバコをやめると太る」といわれますが、これには理由があります。

タバコに含まれるニコチンには、食欲を抑える効果があります。また、タバコを吸っていると味覚や嗅覚が鈍くなったり、胃腸の働きが悪くなったりします。ニコチンを摂取しなくなると、抑制されていた食欲が戻り、人によっては以前より食事がおいしく感じるようになります。その結果、食事の量が増え、太りやすくなるのです。

また、口寂しさを紛らわすために、タバコをくわえる代わりに飴を舐めたりするのも太る原因になります。

禁煙に成功したら、食事に気を配り、適度な運動を心がけ、肥満を防ぎましょう。