タバコを吸い続けるとニコチン依存症になる

ニコチン依存症は心身に影響を及ぼす

タバコはニコチン依存症の原因になります。精神的に落ち着かなくなるだけでなく、重大な健康被害を引き起こすのです。

タバコを吸わないとイライラしたり、落ち着かなくなったする場合は、ニコチン依存症になっている可能性が高いです。悪化した場合、タバコを吸わないと手が震えたり、胃がむかついたりするなど、身体的な症状があらわれるようになります。

ニコチン依存症になった場合、自力で治すのは困難です。ニコチン依存症を治したい、ニコチン依存症になる前にタバコをやめたいという人は、禁煙外来を受診しましょう。

禁煙外来で治療を受けられる

タバコに含まれるニコチンは依存性の強い物質です。喫煙を長い期間続けているとニコチン依存症になり、心身に深刻なダメージが及ぶのです。

喫煙が習慣になっている場合、吸わないと集中できなくなったり、イライラしたりするようになります。さらに、そのままニコチンを摂取し続けていると、肺がんなどの命に関わる病気に繋がるのです。

習慣的に喫煙している人の多くは、ニコチンに依存していることに自覚がありません。また、ニコチンへの依存性が強いと、喫煙をやめようと思っても、自分の意志ではなかなかやめられなくなります。

ニコチンへの依存が強く、自力での禁煙が困難という場合は、禁煙外来を受診しましょう。専門医のカウンセリングを受けたり、禁煙補助薬を処方してもらうことで、禁煙がより成功しやすくなります。