禁煙が続かないのはタバコに含まれるニコチンのせい

ニコチンには依存性がある

禁煙中、ふとしたとき「1本くらいなら……」とタバコを吸ってしまうことがあるかもしれません。

タバコに含まれているニコチンは、体内に入ると、ドーパミンという物質を生成します。ドーパミンは脳内麻薬物質とも呼ばれ、多幸感をもたらします。しかし、ニコチンには依存性があり、吸い続けているとやめられなくなっていきます。

禁煙がある程度続いていても、1本吸ってしまうとまた吸いたくなり、喫煙が再び習慣化してしまう恐れがあるのです。

ヘビースモーカーであればあるほど、ニコチンへの依存性が高く、禁煙が困難になります。積み重ねてきた苦労を水の泡にしないためにも、禁煙を始めたら1本も吸わないようにしましょう。どうしても辛い場合は、禁煙外来で処置を受けたり、禁煙補助薬を使いましょう。

アイコスにもニコチンは含まれている

アイコスは電子タバコの一種です。乾燥したタバコの葉と、水や香料などの水分を熱して霧状にし、タバコを吸っているような感覚を得られます。

アイコスは、タールや一酸化炭素などの有害物質が普通のタバコに比べて少ないとされています。タバコに含まれているこれらの有害物質は、タバコの葉を燃やすことで発生します。しかし、アイコスはタバコの葉を燃やさず加熱するので、有害物質が発生せず、健康リスクが低減されるのです。

ただし、アイコスの健康リスクについては、信頼できるデータがないという指摘もあります。また、ニコチンの量は普通のタバコと変わりません。習慣的に使用すればニコチンへの依存が高まる恐れがあります。